超・最小単位で動く。生きる。

試行錯誤の結果、たどり着いた移動用のベストツール群。

移動をする。でかける。旅行を楽しむ。

そんな動いてる最中に、何か思いついたり閃いた瞬間にそれを形に残しておけるようなものが僕にとっては重要だ。

このクセがあれば、遊んでいる最中に仕事の8割が終わってしまうからだ。

で、今までは、形に残すツールとしてMACを持ち歩いてきた。

でもはっきり言って重い。そして、Macに変わるベストなものはないか、とここ数年模索し続けてきました。

それは、僕にとっては何よりも身軽に快適に動き回れることが大切だからだ。

そして、その結果たどり着いた答えがこれでした。

今は、この最小単位で動いている。

・iPhone Xs MAX
・折りたたみキーボード
・手帳
・iPad
・BOSE quiet control 30(イヤホン)
・BOSE wireless sports (イヤホン)
・色鉛筆
・A5画用紙

これだけあれば、ほとんどの仕事は片付いて
しまいます。

動画編集から、デザインの構想、企画書の構想や骨子の作成まで。

そして、最終的なデザイン調整や装飾をMACで仕上げる。というイメージです。

今はテクノロジーの進化のおかげで、iPhoneやiPadでやっていたことをそのまま、スムーズに Macに引き継げます。

常に同じ状態が、スマホでもタブレットでもおパソコンでも。

考えてみれば、僕の仕事のやり方はこの3段階のプロセスに分かれている。

1、構想段階

2、ラフ制作

3、仕上げ

この3つのプロセスで成り立っていて、このプロセスの2までは、実は、パソコンは不要。

むしろ、プロセス2までの作業を綿密に明確にできていればいるほど、プロセス3の作業時間は短くなっていく。

これからもデバイスとのベストな付き合い方をどんどん模索していきたいですね。

おすすめの記事