旅は、あなたの観察力を劇的にあげる

旅行をすると仕事がハイパフォーマンスになるわけ

休日や暇があったら、できるだけ旅に出よう。

そこにはきっと素晴らしい出会いがあるから。

っていうわけではなくて、実は旅をするほど、仕事のパフォーマンスが上がっていくからです。

それはなぜか

旅は、あなたの観察力を劇的にあげる

あなたは普段、家からオフィスに向かう途中、遊びやショッピングに出かける道中で、どれだけの面白いものと出会えていますか?

おそらく、いつも見慣れている景色のせいか、何も考えず無意識にその道を歩いてるのだと思います。例に漏れず僕も。

ですが、旅に出るとどうでしょうか。

歩く1歩1歩が刺激的ですよね。

見たことない街並み、お店、地元ならではの特選品などなど、新しい事ばかりに触れるので、普段の何倍も意識的に生きるようになります。

さらには、胃世界遺産などその土地の文化に触れたり、美味しい食べ物を出会う事で心が揺れ動きますよね。

ものすごい情報量を受け取っていることになる。なので、こういう状況下に身をおくことで、新しい情報と触れ合い、インスピレーションがどんどん溢れてきます。

だから旅をしながら仕事をする

だから、旅をしながら仕事をするのです。

たとえば、僕は先日は京都に行ってきたのですが、京都はやはり、デザイン的観点から見ても洗練されていて優れているものばかり。

そこからいくつものクリエティブなヒントをもらうことでき、たったの5分で、来週に提案するアイディアが思い浮かび、僕の仕事の大変はこの5分で終わってしまいました。

普段の暮らしの中では、悶々と考えていても、なかなかいいアイディアが降りてこないことってありますよね。ですが、旅に出るとわずか5分です。

ビジネス観察眼も優れる

さらに、新しいことばかりだから自然と様々なことに興味をモテます。

たとえば、観光地に出かけると、必ず行列を作っているお店もあれば、その隣の店はガラガラなんてこともザラにあります。

すると、なんでこの店は行列を作っているのか、何をコンセプトにしているのか、何を売りにしているのか、とどんどん思考が働き、現場でマーケティング力を鍛えていくことができます。

このような経験をたくさんすることが、日々の仕事にどんどんレバレッジをかけていくのです。

たとえば、クライアントとの商談で、このまえ「丸丸に行ってきたんですけど、このお店いが面白くて、丸丸のようなコンセプトで打ち出してい、丸丸のような仕掛けがあって、これが集客のポイントになっていたんです。で、御社も丸々未定にしてみるのもいいかなと考えてまして・・・」と、心から提案に入っていけば、相手の心を引きつけながら商談が進んでいきます。

ですが、ただたんに、売上を獲得するための提案を考えなければ・・という思考ですごしていては、なかなか次の一手が見えてきません。

しかも、だらだらと考える提案は「行っていることは正しいんだけど、ピンとこないな・・」というものばかりになりがちです。

旅先でクリティカルな仕事をするコツ

ここで旅先でクリティカルな仕事をするためのコツを紹介します。

ステップ1
・成功させたいプロジェクトを1つ決める

ステップ2
・観光をして楽しみながら、頭の中で「● ●を成功させるためのアイディアはどんなものか?」と質問をして考える。

そうなんです。ただそのプロジェクトが成功することについて考えながら、観光をするだけでいいんです。

この時、観光もしっかりと楽しむことを忘れないで下しあ。リラックスした状態で楽しみながら、同時にこのような質問を頭の中で投げかけるということです。

すると、10分から15分くらい経った頃に、急にインスピレーションが降りてきます。そのアイディアは、プロジェクトを成功させるブレークスルー的なものが多いのです。

ステップ3

そのアイディアはメモ帳からiphoneにメモり、ホテルについたら、そのアイディアを膨らましたり整理をする

以上です。

てな訳で、仕事を遊びもように楽しみ、遊びの中で仕事を済ませたいのなら、時間を見つけて無理やりにでも旅に行くことをオススメします。

きっと、巷に溢れかえっているビジネス書からは絶対に学べないアイディアであったり、クリエティブな解決策がみつから。

おすすめの記事