多面的次元で世界(人生)を捉え直す

~結果の下に隠れているもの(原因)~

僕らは結果しか見ていない。そう結果しか。

これが、全ての周りにある興味を無くさせている原因なのだ。

たとえば、オシャレなカフェをイメージしてみてください。そして、そのカフェのなかにある、オシャレでモダンな1つの椅子を思い浮かべてください。

僕らは、きっと、オシャレな椅子だな。気持ち良さそうだな。という結果にしか焦点をあてていない。

椅子という結果だけしか見ない。

だけれど、その椅子という結果の下にどういう原因が埋もれているのか、それを引きずり出していくと、世界は途端に面白くなることに気づく。

その椅子はなぜそこにあるのだろうか。

なぜだろうか。きっと、そのお店のコンセプトがそもそもあって、多面的次元で世界(人生)を捉え直す

結果の下にあるもの(原因)

僕らは結果しか見ていない。そう結果しか。

これが、全ての周りにある興味を無くさせている原因なのだ。

たとえば、オシャレなカフェをイメージしてみてください。そして、そのカフェのなかにある、オシャレでモダンな1つの椅子を思い浮かべてください。

僕らは、きっと、オシャレな椅子だな。気持ち良さそうだな。という結果にしか焦点をあてていない。

椅子という結果だけしか見ない。

だけれど、その椅子という結果の下にどういう原因が埋もれているのか、それを引きずり出していくと、世界は途端に面白くなることに気づく。

その椅子はなぜそこにあるのだろうか。

なぜだろうか。きっと、そのお店のコンセプトがそもそもあって、そのコンセプトにあった椅子をオーナーとデザイナーが決めたのだろう。

では、そもそもそのコンセプトとは何だったのだろうか?という考え、次の発想へと、サーカスの綱渡りのように飛び乗っていける。

さらに、その椅子は、最初から椅子であったわけではない。職人により作られたのだ。職人の頭の中にある設計図によって。

その設計図によって、材料が集められる。使っている木や、その気に塗られた色、釘、クッション素材や生地など、様々な工房から必要に応じた量が運び込まれてくるのを想像してみよう。

ワクワクしてこないだろうか。

そして、その根本をたどっていくと、1人のデザイナーの頭の中にたどり着く。

そのデザイナーは、何の意図を持って、その椅子を思い描いて生み出したのだろうか。全てはこの発想から始まっている。

と思いきや、、、

そのデザイナーに発注をかけたクライアントがいるかもしれない。

そこにも意図がある。

コンセプトにあった椅子をオーナーとデザイナーが決めたのだろう。

では、そもそもそのコンセプトとは何だったのだろうか?という考え、次の発想へと、サーカスの綱渡りのように飛び乗っていける。

さらに、その椅子は、最初から椅子であったわけではない。職人により作られたのだ。職人の頭の中にある設計図によって。

その設計図によって、材料が集められる。使っている木や、その気に塗られた色、釘、クッション素材や生地など、様々な工房から必要に応じた量が運び込まれてくるのを想像してみよう。

ワクワクしてこないだろうか。

そして、その根本をたどっていくと、1人のデザイナーの頭の中にたどり着く。

そのデザイナーは、何の意図を持って、その椅子を思い描いて生み出したのだろうか。全てはこの発想から始まっている。

と思いきや、、、

そのデザイナーに発注をかけたクライアントがいるかもしれない。

そこにも意図がある。

おすすめの記事