行動力という言葉に潜む危険性

行動力という言葉は一種の危険性をはらんでいる。

仕事と感情が乗っていないまま、身体を動かすことだけにフォーカスがいくから。

これは、徐々にしんどくなってきて、今日はいいや。明日から。週末に一気にやろう。

ということになってしまう。

これは、自分に鞭をひたすら打ち続けて走り続けるようなもので、やがては疲弊してしまう。

ダイエットがその典型例。

最初はやる気に満ち溢れていたのに、やがては感情が、のっていないまま、身体だけを動かし継続させようとする。

無理に自分を動かさない。

無理に自分を動かさない。

これが大切。

徐々にブーストをかけていく。

それが、大切。

今日はどんな1日にしたいだろうか?

何を大切にしたいだろうか?

どんなことがやりたいか?

など、自分に問いかける。

たかが数分しかかかからないが、こうやって自分に問いかけることによって、どんどん脳みそがブーストしてくるのが分かる。

どんどん脳みそのエンジンが、かかってくる状態。

あれもやりたい。これもやりたい。こういう風にしたい。

と、どんどん脳みそが勝手にやる気を起こしてくれて、すんなりと集中モードに入れる。

仕事だけじゃなくて、人生においても集中モードにはいっていける。

おすすめの記事