『直島』を訪れるベストシーズンはオフシーズン?

アートの島『直島』に訪れるベストシーズンは、なんと言ってもオフシーズンです。

オフシーズンとは、瀬戸内国際芸術祭2019などのイベントが開催されていないシーズンです。

その中でも5月〜6月頃がオススメです。

アートの世界観にどっぷり浸りたいなら

なぜオフシーズンかというと、アートの世界観に浸りきれないからです。

直島は今や本当に人気スポットなので、オンシーズンとなると人がごった返します。

本当に島中が人だらけになると思ってください。

オフシーズンでさえ、並ぶ施設があるほどです。

作品だけを楽しむのであれば、人がごった返してもまだ我慢できますが、、、

この直島にあるほとんどのアート施設は、作品が展示されているその空間丸ごとを楽しむように設計されているのです。

その空間が醸し出す静寂な雰囲気は荘厳な雰囲気は、静かな状況の中で深く味わって鑑賞することで楽しめます。

ですが、たとえばクロード・モネの作品の前にたくさんの人が群がり、そこら中に人がいるのでは、その空間自体を味わうことはできず、本当にストレスを感じてしまうのでしょう。

電動アシスト自転車で作品間を移動するのが醍醐味

また、直島のアートを楽しむ以外のもう1つの醍醐味は、自転車です。

直島は、想像以上に小さく、車ではなく自転車で簡単に一周ができてしまう広さです。

そして、作品と作品の間も程よく離れているため、その間を自転車で移動するのが最高にきもちいです。

綺麗にひらけた海を見ながら、海岸沿いを走ったり、森林の中を自転車で走り抜けながら、目的地を目指します。

で、自転車を楽しめるシーズンは当然ですが、暖かいシーズンです。

ですので、オフシーズンかつ暖かい季節といえば、5月〜6月になるでしょう。

ただし、6月は梅雨シーズンと重なるので天候のチェックだけはしておいてください。

ちなみに僕が訪れたのは6月の中旬ですが、全日程晴天です。

その一方で東京はずっと雨。

瀬戸内海はやはり晴天の日が多いのでしょうか。

おすすめの記事