生身の心で感じることってとても大切です。

なぜか、感じなければ、

で、感じることってとても楽しいことなんですよ。

傷ついたときも半端なく痛い。失敗したときも半端なく痛い。

ヒリヒリする。

めっちゃ敏感になるから。

どれくらいびんあ

例えるなら、膝を擦りむいた時のケガが『生身の心』に似ていて、

ケガを触ると、めっちゃ痛いよね。多分神経がむき出しで敏感になっているから。

人の心も同時で、実はめっちゃ繊細にできていて、本当はちょっとしたことでも実は心は大きく揺れ動いている。敏感に。

ちょっとしたことで、傷ついたり、悲しく買ったり、その逆の、楽しい、ワクワクも感じるようになっていてて、どれだけ敏感になれるからで、目の前のことを楽しめるかどうかが決まってくる。

おすすめの記事