サプライズな付加価値を30個はリストアップしていく。

おもいっきり、右脳を回転させてアイディアを書き出す。

どんな

あなたのことが強く印象に残るからだ。それを繰り返しているうちに、ある一定ラインをこえると、

あなたと仕事をしたい、何か頼みたい、そういう心理が働く。

イメージするなら、コップの中に注ぎ込んでいる液体が、溢れ出た瞬間、相手は、あなたに仕事をお願いしたい、思うようになる。

返報性の法則と好意の法則が異常には垂らすからだ。

でも、これを戦略的行うのではなく、あなたにプレゼントを持ってきたよという感じで持っていくというこ

アイディアを必ず30個リストアップしてから、行こう

ベストタイミングで出す。

たとえば、大好きな女性に初めてのデートで、サプライズだからといって、いきなり結婚指輪を渡したらどうだろうか?

求めてないからである。

つまり、それが相手が必要だと思った、タイミングで渡そう。

リアルな仕事で落とし込んで見ると、値引きな見積もりをもっていったとしよう。

でも、もしまだ相手がそもそま欲しいと思っていない。

では、ここで

クライアントの企業、未来が良くなること、楽しくなること。

担当者の人生がよくなるこた、楽しくないること、

なやみが解決されること。

この三つに絞ってやる

ベストタイミングを待つ。

おすすめの記事