ココロが動くまで、絶対に作業をしてはいけない。

それは、作業を作業で終わらせないため。

クリエティブに仕事を楽しんでいる人にとって、

「仕事=作業をする」という感覚ではなく、

「仕事=遊ぶこと」という感覚だから。

勝手に手が動く、勝手に仕事をするということなのだ。

どうやったら「仕事」が「遊び」になるのだろうか、

では、どうやったら「仕事」が「遊び」に変わるのだろうか。

それは、自分のココロが動くことを

タスクをこなすことに躍起になっているなら注意を!

もし、今、毎日、やることリストを決めて、それをこなすことに一生懸命になっているなら注意が必要。

なぜなら、自分がやりたい!こうしたい!

本当は面倒だな〜、やりたくないな〜という気持ちに蓋をして、自分を無理やりうごしているからだ。

これは本当に疲れる。

僕らはタスクをこなすために生きているのではない

なんだか、自分という人間を無理やり酷使して、消耗させているような感覚になる。

もちろん、タスクを全部こなせた!という充実感はある。

けれど、それは一瞬の気持ちよさで、

そんなことを続けていると、毎日起きるたびに、「また今日も仕事か〜嫌だな〜行きたいなクイア〜」という思いにかられる。

もっと酷くなると、そんな自分じゃいけない!と喝を入れ始める。。。

どうですか。こんな人生、全くもって面白くないですよね。

いったい何の他めに生きているのか。という感じです。

 

一方、クリエティブに仕事を楽しめると、どのようになるのか。

ズバリ、人生から嫌なものがなくなり、毎日が純粋に楽しい。

あれもやりたい。これもして見たい。こんなことを追求してみたい。こうするといいんじゃないかな。

お客さんも喜んでくれるかも。

という具合にアイディアが溢れてきて、まるで子供がオモチャで一生懸命遊んでいるかのように、自然と勝手に体が動く。

おまけに毎日、1秒1秒が気持ちよくて充実する。

おそらく、あっじわったことのない感覚だと思う。それでいて、大きな成果が出るからなおさら気持ちいい。

 

おすすめの記事