画像サイズのメニューを押すと、「L:42」「M:18」「S:11」のような表記が出てきます。

これらは、画像サイズを表しており、数値が大きければ大きいほど画像サイズが大きくなります。

また、L 、M、Sは、Large / middle / small の意味です。

ですので、基本的にはα7シリーズの本領を発揮させるためにも常に大きなサイズで撮影をすることをオススメします。

縦横比3:2の場合

35mmフルサイズ時

L:42M = 7952 x 5304

M:18M = 5168 x 3448

S: 11M = 3984 x 2656

APS-C時

L:18M = 5168 x 3448

M:11M = 3984 x 2656

S:4.5M = 2592 x 1728

縦横比16:9

35mmフルサイズ時

L:36M = 7952 x 4472

M:15M = 5168 x 2912

S:8.9M = 3984 x 2240

APS-C時

L:15M = 5168 x 2912

M:8.9M = 3984 x 2240

S:3.8M = 2592 x 1456

おすすめの記事